離婚にまつわる年金制度

離婚に関わる金銭的なものというと今までは慰謝料や財産分与や養育費というものだったと思います。

 

しかし、現在では年金制度というのが新たに加わっています。

 

熟年離婚に限らず離婚をするときには大体協議をして慰謝料が決定されると思います。

 

しかし辛い協議をした結果でも慰謝料の相場的には取れても200〜300万円、熟年離婚の場合でも最大600万円程ではないかと思います。

 

夫婦間の協議だけですむのであればいいのですが、弁護士を仲介して協議を行うと弁護士への相談料が報酬に変換されて、その料金として慰謝料の数十パーセントは引かれると思いますので、更に手元に来るお金は少なくなると思ってもいいと思います。

 

離婚をするときに、お金を受け取るまでもかなりのお金がかかると思ってもいいかもしれません。

 

また、新たに加わった年金分割制度ですがこの制度が始まってから熟年離婚というのは増えてきたように思えます。

 

年金分割制度が始まる前に、離婚するのは不利だと思う人が大勢いたからだと思います。

 

しかし今現在では年金分割制度が施行されていますので利用する人が多くいると思いますが色々誤解や認識が違っている人も多いと思いますので、しっかり調べてから利用することをおすすめします。

 

また、金銭的なことを決めるときには文書にして残しておくようにすることをお勧めします。

 

なぜなら口頭での口約束だけだと後でトラブルになる可能性があるからです。

 

それを回避するためにもしっかり文書を交わすようにしましょう。

 

 

 

 

 

熟年離婚の問題:年金分割後に元配偶者が死亡した場合

熟年離婚をする人にとって、慰謝料や財産分与、また最近始まった年金分割制度はとても気になる話だと思います。

 

慰謝料や財産分与は一括で支払ってもらったり分割で支払ってもらったりする場合があると思います。

 

また、最近始まった年金分割制度ではまださまざまな所で疑問点があるかと思います。

 

ここでは離婚時に年金分割をすると決定した後に元配偶者の人が亡くなってしまった場合にどうなるかということについてご説明してみたいと思います。

 

元配偶者の方が亡くなったとしても分割された保険料納付記録に影響することはありません。

 

ですからもし元夫の年金を元妻が受け取っているといった場合、年金を受け取る前に元妻が亡くなってしまったとしても、分割されてしまった年金が元夫のところに戻ってくるということはないということになります。

 

逆に、元夫の方が先に亡くなったとしても元妻が受け取る保険料納付記録は変わらないので年金が減ったりすることはないということになります。

 

こうなると、元妻側からしてみたら得するような、元夫からしてみたら損するようななんかそんな気がするシステムのような気がしますが、現状これが決められているシステムですのでよく理解しておいた方がいいと思います。

 

お金に関する決め事はとても重要なことです。

 

離婚するときには熟年離婚、そうではないに限らず慰謝料でも財産分与でも年金分割でもきちんと文書を持って取り決めを交わすようにしておくことが重要です。